福岡ブランド果物

ホーム > 消費者のみなさまへ > 福岡ブランド果物 > 福岡なし

福岡なし

なし

美味しいなしを長期間届けるため、福岡県では施設栽培から露地栽培に取り組み、7月~11月の長期間販売を行っています。
また、無袋栽培で生産した幸水と豊水は、太陽光をたくさん浴びているため糖度が高く美味しい果実に仕上がります。
また、山間部を中心に黄色蛍光灯やフェロモントラップ等を導入し、農薬使用回数削減に努めると共に、全生産者がエコファーマーを取得して環境にやさしい梨作りに取り組んでいます。

主な品種

幸水(7月~8月上旬出荷)
豊水(8月中旬~9月中旬出荷)
あきづき(9月上旬~9月下旬出荷)
新高(9月下旬~10月出荷)
新興(10月以降出荷)

品種・ブランド

幸水(こうすい)

褐色の肌とまだらの模様が特徴。シャキシャキとした歯ごたえで酸味が少なく、とても甘く、香りも豊か。

豊水(ほうすい)

その名のとおり甘味と果汁がたっぷり。甘味の中にも程よい酸味があり、味がしっかりしています。

あきづき

糖度が高くて果汁が豊富なのが特徴。果皮の色が赤みを帯びているものが食べごろ。流通業界では注目の品種。

新高(にいたか)

真ん丸で柔らかい果肉が特徴。1個の重さが約500~700gにもなるビックサイズの「なし」。大きいものでは1kgになるものも!!

新興(しんこう)

実が柔らかくシャリシャリとした歯触りが特徴。さっぱりとした上品な甘さ。ジュースやゼリーなど果汁を使った料理にも最適。

保存方法

  • 乾燥しないようにポリエチレン袋に入れ、よく密封してから冷蔵庫に保存します。
  • 品種によって、若干のバラツキはありますが、幸水で約1週間、豊水などで、約2週間はおいしく食べることができます。

美味しい「なし」の選び方

  • 果皮に張りがあり、硬く、ずっしりと重い果実を選びましょう。
  • 大きさによる味の差は、比較的少ないですが、大きい果実のほうが美味しい傾向にあります。
  • 果形がふっくらして形の良いものを選びましょう。
  • 「幸水」「豊水」は、果皮の赤みがきつくないものが美味しいです。

「なし」の機能性

食物繊維

水溶性食物繊維には血糖値上昇抑制作用やコレステロールの正常化作用も認められており、高脂血症の予防に役立つと考えられます。
不溶性食物繊維は吸水力が強く便のかさが増えるため、便秘解消に役立つと考えられます。

ソルビトール

低カロリーで虫歯になりにくい甘味成分で、便のpHを下げる働きと便の量を増やす効果が認められています。

  • 成分
  • Q&A
  • 可食部 100gあたり

    • 成分名 単位
      廃棄率 15
      エネルギー 43 kcal
      180 kJ
      水分 88 g
      たんぱく質 0.3 g
      脂質 0.1 g
      炭水化物 11.3 g
      灰分 0.3 g
      無機質 ナトリウム 0 mg
      カリウム 140 mg
      カルシウム 2 mg
      マグネシウム 5 mg
      リン 11 mg
      0 mg
      亜鉛 0.1 mg
      0.06 mg
      マンガン 0.04 mg
    • 成分名 単位
      ビタミン A レチノール 0 mcg
      カロテン 0 mcg
      レチノール当量 0 mcg
      D 0 mg
      E 0.1 mg
      K 0 mg
      B1 0.02 mg
      B2 0 mg
      ナイアシン 0.2 mg
      B6 0.02 mg
      B12 0 mcg
      葉酸 6 mcg
      パントテン酸 0.14 mg
      C 3 mg
      食物繊維 水溶性 0.2 g
      不溶性 0.7 g
      総 量 0.9 g

    一般的な「なし」の成分表を掲載しています。 【五訂  日本食品標準成分表より】
    ※無断で転載、複製、第三者へ配布することを禁止します。
    ※リンク等禁止します。

  • Q:おいしい食べ方は?

    冷蔵庫で冷し、皮をむいて食べるほか、ケーキやジャム、ゼリー、肉料理の付け合わせ等にしてもおいしくいただけます。 大皿に盛り付けて出す時は、うすい塩水か、酢を少し加えた水にさっと通すといつまでも白さを保つことができます。さらに、甘みが塩分や酸味で引き立ちます。

    Q:なしの一番美味しい部分は?

    「梨尻柿頭」のことわざがあるように、梨の味のよいところは尻(果頂部)の部分で、芯は甘味が少なく酸味が強くなります。