福岡ブランド果物

ホーム > 消費者のみなさまへ > 福岡ブランド果物 > 福岡かき

福岡かき

かき

  1. 全国1位の甘柿産地!! かき全体でも全国3位!
    ※甘柿とは果実の生育にともない自然に甘くなる柿のこと。
  2. 品種をリレーしながら9月から翌2月頃まで長期にわたっていろいろな品種が楽しめます。
    (西村早生→早秋→伊豆→太秋→早生富有→秋王→富有→冷蔵富有柿)
  3. 西南暖地という好条件のなかで、太陽の光をたくさん浴びた赤くておいしい柿です。

品種・ブランド

西村早生

9月中旬~10月上旬

伊豆

10月上旬~10月中旬

早秋

9月下旬~10月中旬

早生富有

10月中旬~11月上旬

太秋

10月中旬~11月中旬

秋王

10月下旬~11月中旬

富有

11月上旬~12月上旬

冷蔵柿

12月中旬~ 2月上旬

かきに含まれる主な成分

ビタミンC

含まれる量はグレープフルーツの2倍(70mg/100g)
新陳代謝を活発にし、肌や体を健康に保つ。風邪予防・疲労回復

カテキン

血中のアルコール分を外へ排出する役割がある。二日酔い、悪酔い防止。

カリウム

現代人がとりすぎている体内ナトリウムを排出する。凛要効果を促進。

その他

ビタミンA・B2・E、リン、カルシウム、マグネシウム、食物繊維等

美味しいかきの選び方

  • へたがしっかりと残っており、緑色が鮮やかなもの
  • へたの下まで柿の橙色がまわっていて、へたと果実との間に隙間がないもの
  • 手にもって重みがあり、皮がつややかなもの

カキをうまく切る方法

かきを切るとき、種にあたり切りにくい事があると思います。解決方法としては、4枚あるうちの向かい合ったへた2枚の頂点同士を結ぶ線に沿って切れば、種に当たる確率はかなり減ります。また、果実に大きな溝が入っている場合はその溝に沿って切ればOKです。

  • 成分
  • Q&A
  • 可食部 100gあたり

    • 成分名 単位
      廃棄率 9
      エネルギー 60 kcal
      251 kJ
      水分 83.1 g
      たんぱく質 0.4 g
      脂質 0.2 g
      炭水化物 15.9 g
      灰分 0.4 g
      無機質 ナトリウム 1 mg
      カリウム 170 mg
      カルシウム 9 mg
      マグネシウム 6 mg
      リン 14 mg
      0.2 mg
      亜鉛 0.1 mg
      0.03 mg
      マンガン 0.5 mg
    • 成分名 単位
      ビタミン A レチノール 0 mcg
      カロテン 420 mcg
      レチノール当量 70 mcg
      D 0 mg
      E 0.1 mg
      K 0 mg
      B1 0.03 mg
      B2 0.02 mg
      ナイアシン 0.3 mg
      B6 0.06 mg
      B12 0 mcg
      葉酸 18 mcg
      パントテン酸 0.28 mg
      C 70 mg
      食物繊維 水溶性 0.2 g
      不溶性 1.4 g
      総 量 1.6 g

    一般的な「柿(甘かき)」の成分表を掲載しています。 【五訂  日本食品標準成分表より】
    ※無断で転載、複製、第三者へ配布することを禁止します。
    ※リンク等禁止します。

  • Q:柿の表面のつやつやした輝きは人工的にワックス処理したものですか?

    これは柿自身が作り出すろう物質(ワックス:脂肪に似た物質)です。従って、人工的にワックス処理したものではありません。柿の表皮組織は数層からできており、果皮組織の最上層にはクチクラと呼ばれる組織があります。クチクラは果皮の表面を保護したり、果肉からの水の蒸散を抑え鮮度を維持するなど、果実にとって大切な生理的役割を果たしています。

    Q:柿には渋い柿がありますが何故ですか?

    柿には甘柿と渋柿があります。柿の渋みのもとは、舌に渋みとして感じる水溶性タンニンです。甘柿も幼果の時には渋みを感じますが、果実の成熟とともに水溶性タンニンは不溶性タンニンに変化し、渋みを感じなくなります。渋柿は成熟しても水溶性タンニンのままですので、エチルアルコール(焼酎)・炭酸ガスなどを用いて脱渋処理しないと食べられません。甘柿の代表的品種は富有柿であり、渋柿には平核無・刀根早生等がありますが、その中間の不完全甘柿(西村早生等)もあります。これは開花時期の天候不良によって種子が入らないと渋くなり、種子が入ると褐斑(ゴマ:不溶性のタンニン細胞)を生じ甘くなります。