緊急営農情報

ホーム > 生産者のみなさまへ > 緊急営農情報

営農情報12

2017/09/29

  

    福岡・営・営発№0043-012   

                                                                                       平成29年9月29日

J A  御中

(営農担当部署)

                                       福岡県米・麦・大豆づくり推進協議会

                                       (事務局:JA全農ふくれん 営農企画課)

                                                                                                          (公 印 省 略)

 

【緊急】

営農情報12

《トビイロウンカによる「坪枯れ」が発生しています!》

 

 本年は、トビイロウンカの発生が平年に比べて多く、9月中旬以降、既に一部のほ場で「坪枯れ」の発生が確認されています

 早急にほ場での発生状況を確認し、発生が多いほ場は直ちに補正防除を行って下さい。

 

現在の状況等

●県内の定点ほ場での発生状況(9月5半旬)

※福岡県農林業総合試験場(福岡県病害虫防除所)調べ

●ヒノヒカリ等「中生品種」を中心に飛来後第3世代若齢幼虫が多く見られる。

●幼虫の齢が進む9月末~10月上・中旬にかけて、「中・晩生品種」で「坪枯れ」の発生増が懸念される。

 

今すぐ対応すべき事

●トビイロウンカの発生量は、近接のほ場や同一ほ場内でも大きな差が見られるため、ほ場の巡回・確認を徹底し、要防除水準を超えたほ場では直ちに防除を行う。

「坪枯れ」が発生したほ場では、緊急に農薬散布を実施するとともに、可能な限り収穫を早め、減収被害の拡大を防ぐ。

 

防除上、注意すべき事

●薬剤が株元まで確実に届くよう丁寧に散布し、散布後に防除効果を必ず確認する。

●周辺作物への農薬の飛散防止に努めるとともに、農薬使用基準(使用時期、使用回数等)を確認し、適切な薬剤散布を心がける。

                    

   以上