緊急営農情報

ホーム > 生産者のみなさまへ > 緊急営農情報

営農情報6

2017/07/10

 福岡・営・営発№0043-006

                    平成29年7月7日

J A  御中

(営農担当部署)

                                       福岡県米・麦・大豆づくり推進協議会

                                       (事務局:JA全農ふくれん 営農企画課)

                                                 (公 印 省 略)

営農情報6

 

7月5日からの大雨後の対策

 

福岡県では7月5日昼から局地的に記録的な大雨となり、一部で冠水、浸水等の被害が見られます。大雨後の対策として、以下の対策をお願いします。

また、対策の実施にあたっては、くれぐれも作業の安全を確認の上、実施されますようお願いします。

水稲

・浅水管理に努める。

 (深水状態が続くと軟弱徒長になり、スクリミンゴガイの被害も懸念される。)

・冠水した場合は、早急に排水を行い、排水後は酸素を含んだ新しい用水との入れ替えを出来るだけ

 実施する。

 ※十分な排水が出来ない場合でも、葉の先端が水面から出るよう最大限努める。

大豆

【播種前のほ場】

  ・排水対策を行い、播種作業が出来る条件を整える。

  ・排水口の整備を行い、速やかな排水を図る。

  ・特に排水が悪いほ場については人力で作溝する等により、機械による排水作業(周囲溝、弾丸

   暗渠等)ができるよう努める。

  ・土壌水分が適度になったら播種を行い、7月20日までの適期播種に努める。

  ・適期までに播種を完了するためには、耕起・播種を組作業または一工程作業の実施が有効であ

   る。また、は種後の降雨対策としてうね立て播種を基本とする。

【播種後のほ場】

  ・溝の手直しなど排水に努める。

  ・冠水により出芽苗立ちが不足した場合は、まき直しを実施する。

  ・まき直しの判断の目安…健全株が全体の6割以下のとき。播種量は時期に応じて調整する(下

   表参照)。

 

表 時期別播種量の目安

播種期

7月11~20日

7月21~31日

条間(cm)

70

60~70

株間(cm)

15~20

11~15

播種量(kg/10a)

4~5

6~8

1条1mの目標出芽本数

10~14

14~18

以上