緊急営農情報

ホーム > 生産者のみなさまへ > 緊急営農情報

営農情報7

2016/10/05



福岡・営・営発№0029-007


平成28年10月3日


A  御中


(営農担当部署)


福岡県米・麦・大豆づくり推進協議会


事務局JA全農ふくれん営農企画課


(公印省略)



営農情報7







台風18号接近に伴う技術対策について


台風18号が接近しており、本県には10月5日(水)に最接近する恐れがあります。


下記の事項を参考に、技術対策の実施をお願いします。


1 水 稲


【台風通過時】


●収穫期に達しているほ場では、可能であれば台風襲来前に収穫する。


台風通過後に収穫する場合は落水管理とし、台風通過後速やかに収穫する。


●収穫期の遅いほ場は、深水管理を実施する。


・強風による倒伏、葉の裂傷の防止のため。


・稲体表面からの異常な蒸散により脱水症状となる「急性萎凋症状」の防止のため。



【台風通過後】


●数日間は間断かん水を避け、ほ場を湛水状態とする。


●ただし、倒伏が激しく、成熟期が近い場合は早急に落水し、収穫可能となり次第、早めに収穫する(穂発芽の防止のため)。



【倒伏が発生した場合】


●高水分籾が荷受けされるため、共乾施設は乾燥に時間がかかることを想定して荷受けを行う。



2 大 豆


【台風接近前】


●畦溝や排水溝の整備を行う。


(台風による停滞水を出来るだけ早くほ場外に排出するため。)



【台風通過後】


●台風通過後に、再度畦溝や排水溝の点検・整備を行う。



3 留意事項


ほ場・農業用施設の見回りには、気象情報を十分に確認し、大雨や強風が治まるまでは行わないで下さい。また、大雨等が治まった後の見回りにおいても、増水した水路など危険な場所には近づかず、人命を最優先に事故防止の徹底に努めてください。


以上