生産地のご紹介

ホーム > 消費者のみなさまへ > 生産地のご紹介 > 野菜・花 > ぶなしめじ

ぶなしめじ 栽培の紹介

ブナシメジ

清潔な工場で生産

きのこが育つ工場は、雑菌がなく清潔そのもの。温度、湿度とともに衛生には十分気をつけています。

おいしさのための研究

一般的に培地にはオガクズを使います。福岡は全国の中でも早いうちに、数々の植物栄養源をブレンドした栄養たっぷりの培地を使用しています。ハリがあり、日持ちのするきのこが育つんですよ。

博多ぶなしめじができるまで

  • 種菌をつける おがくずを主体とした培地に、種菌を入れると90日でポット一杯に育ってきます。
  • 菌かき 古い菌を取り除く「菌かき」で発芽をうながします。
  • 室温調整で生育 一定の室温(16~17℃)の部屋で育てています。
  • 収穫・出荷 収穫された博多ぶなしめじは、ひとつひとつ丁寧に袋詰されて出荷します。

ぶなしめじの生産地

ぶなしめじの生産地

  • JA福岡大城