生産地のご紹介

ホーム > 消費者のみなさまへ > 生産地のご紹介 > 野菜・花 > 万能ねぎ

万能ねぎ 栽培の紹介

博多万能ねぎは1年中栽培されています。

夏は暑さに強い品種を使うといったように、季節によって3~4種類の種を使っています。 また、1年中万能ねぎをつくると土が弱ってしまうため、定期的に土壌診断を行い、土づくりや、肥料の配合を工夫しています。

ねぎの効能

ねぎには「アリシン」という成分が含まれており、様々な効果をもたらします。 体温を上昇させる作用により風邪に効果があり、アリシンはビタミンB1吸収を早くする作用もあるため、脳の働きを活発にする効果もあります。また、殺菌効果もあることが分かっており、傷ややけどにも効果があります。

高品質な、よいねぎづくりのために行っていること

一年中栽培され、出荷されるねぎ。そのため、品質や栄養、生育に大きく作用する土づくりや、天候や状況に応じた施肥、農薬散布など、いろんなことに気を配る必要があります。博多万能ねぎ部会では、農家1戸、1戸の生産データを共有、分析することによって、味のよい、安心して食べられるねぎを育てています。

  • 各ハウスごとに生産カルテを作っています。
  • 土壌診断のデータをもとに、土づくりや施肥の設計を行っています。
  • 新しい管理技術の開発をすすめ、農薬に頼りすぎない栽培に取り組んでいます。これらのことに取り組みながら、品質のよい、博多万能ねぎづくりを行っています。

万能ねぎができるまで

  • 土作り 有機たい肥をすきこんで土を作り、ハウスひとつ、ひとつに、土を診断し、心をこめ、土をじっくりと育てています。
  • 播種 種まきは、5~10日おきに順次行います。播種機の開発工夫によって、従来よりも短時間で均一にまけるようになりました。
  • 発芽 播種後、7~14日で発芽します。それまでは寒冷沙ネットで覆って発芽を促進させます。
  • 生育 季節に応じて水分や温度を調節し、年間を通して均一の高品質のねぎづくりに努めます。
  • 収穫 播種から2~4ヶ月後、手作業によって丁寧に収穫されます。ねぎは高温を嫌うため、夏は早朝4時ごろから行われます。
  • 検査 各集荷場に集められたねぎは、専門検査員によって階級別に品質検査が行われます。
  • 包装 一束100グラムに分けられた博多万能ねぎは特殊フィルムで包装されます。このフィルムはねぎを汚さないだけでなく、水分の蒸発やビタミンの損失も防ぎます。

万能ねぎの生産地

万能ねぎの生産地

  • JA筑前あさくら