生産地のご紹介

ホーム > 消費者のみなさまへ > 生産地のご紹介 > 野菜・花 > トマト

トマト 栽培の紹介

トマトの生態や機能などの基礎的解説

トマトはナス科の作物で、ふるさとはアンデスの高地。最初に栽培されたのはメキシコや中央アメリカだったらしいのですが、今では世界中に広まり、重要な野菜となりました。生育に適する温度は暑くもなく寒くもない22度前後で、昼と夜の寒暖の差が大きい程トマトは赤く色づきます。トマトの赤味のもとはリコピンという色素で、動脈硬化等などの生活習慣病や老化を防ぐ働きがあります。トマトにはこの他ビタミンCも多く含まれ栄養満点です。

栽培計画

促成栽培

標準作型:促成栽培(出荷期間 1月上旬~6月中旬 収穫段数13段)
標準品種:ハウス桃太郎(タキイ種苗)

長期栽培

標準作型:長期栽培(出荷期間 10月上旬~7月中旬 収穫段数22~25段)
標準品種:ハウス桃太郎(タキイ種苗)

半促成栽培

標準作型:半促成栽培(出荷期間 4月上旬~6月中旬 収穫段数7段)
標準品種:ハウス桃太郎(タキイ種苗)

トマトの生産地

トマトの生産地

  • JAむなかた
  • JA福岡市
  • JA糸島
  • JA筑前あさくら
  • JAにじ
  • JAくるめ
  • JAふくおか八女
  • JA柳川
  • JAみなみ筑後
  • JA北九
  • JA福岡嘉穂