緊急営農情報

ホーム > 生産者のみなさまへ > 緊急営農情報 > 営農情報4

営農情報4

福岡・営・営発№0043-004

                    平成29年6月28日

J A  御中

(営農担当部署)

                                       福岡県米・麦・大豆づくり推進協議会

                                       (事務局:JA全農ふくれん 営農企画課)

 (公 印 省 略)

営農情報4

大豆の収量向上は適期播種から!

大豆の収量確保には適期播種が重要です。播種

適期である7月20日までに播種が完了するよう、

計画的に作業を進め、早めから播種を開始しま

しょう。

降雨により、県内全体で播種が遅れた平成27

年産であっても、適期に播種した経営体では、

10a当り200kg/10a以上(地域JA平均比123%)

の収量を確保した事例もあります。

 

 適期に播種を完了するための技術 

(1)排水対策および耕起

   ・周囲溝、弾丸暗きょは早めに施工する。テキスト ボックス:  
周囲溝施工のほ場イメージと注意点

  ・周囲溝は角や明きょ、排水口との接続部が

   確実に接続するよう施工する。

  (確実な接続により表面水が排水口に導かれ、

   排水効果が発揮される。)

  ・ほ場中央にも明きょを施工すると、排水は

      より改善される

  ・耕起は播種直前に実施すると良い。

(2)省力的な播種技術

  ・耕うん同時うね立て播種。

  ・部分浅耕一工程播種。  

 

 播種のポイント

    うね立て播種を基本とする。

    ・ 播種深度は3cm程度を基準とするが、土壌が乾燥した状態で播種する場合は、やや深く(5~6cm)し、麦用の

    転圧ローラーで鎮圧する。

 

 雑草対策と種子消毒を徹底しましょう!

 【雑草対策】

  ・ 土壌処理剤は「播種後~大豆出芽前」に散布する。

  ・ 一工程播種で播種前に雑草が多い場合は、あらかじめ非選択性の茎葉処理剤を散布する。

 【種子消毒】

  ・ 栽培暦の薬剤を参考にして必ず実施する。(紫斑病対策、出芽時の腐敗防止)      

        以上

 

  2017/06/30   ユーザー