緊急営農情報

ホーム > 生産者のみなさまへ > 緊急営農情報

営農情報9

2017/08/10

  

    福岡・営・営発№0043-009   

                                                                                       平成29年8月10日

J A  御中

(営農担当部署)

                                       福岡県米・麦・大豆づくり推進協議会

                                       (事務局:JA全農ふくれん 営農企画課)

                                                                                                          (公 印 省 略)

 

営農情報9

《トビイロウンカ対策について》

 

 本年は、トビイロウンカの発生量が平年に比べて多く、一部では要防除水準を超えるほ場もみられ、8月9日付けで福岡県農林業総合試験場(福岡県病害虫防除所)から注意報が発表されました。  

 ほ場での発生状況をできるだけ広範囲に調査し、飛来時期と発生量の把握を行うとともに、適期防除を徹底して下さい。

〇県内の定点ほ場での発生状況(8月2半旬)

 

本年

平年

前年

10株当たり払い落とし虫数(頭)

1.5

0.7

0.8

発生ほ場率(%)

47.7

33.9

45.5

 ・10株当たり払い落とし虫数、発生ほ場率は平年および前年より多い。

 ・トビイロウンカが確認されたほ場では、増殖力が高い雌成虫の短翅型率が100%であった。

 

〈適期防除の徹底〉

 ・ 本年は大きく2期の飛来が認められており、各飛来波の防除適期(第2世代若・中齢幼虫期)

  は、6月25日飛来で8月17日前後頃、7月9~17日の飛来で8月28日~9月8日頃と考

  えられます(詳細は、福岡県病害虫防除所HP参照)。

 ・ また、ほ場をよく巡回し、要防除水準を超えたほ場では、早急に防除を実施しましょう。

〈その他〉

 ・ 防除にあっては、ほ場を湛水状態にして、薬剤が株元まで届くように規定量を散布しま

  しょう。

 ・ 無人ヘリコプターによる防除を、気温が高い時間帯に実施すると、薬剤の種類によっては

  稲の株元に到達する前に気化し、防除効果が著しく低下する場合があるので、気温が高く

  なる前の早朝に実施しましょう。

   

以上