福岡ブランド野菜・福岡の花

ホーム > 消費者のみなさまへ > 福岡ブランド野菜・福岡の花 > 博多ブロッコリー

博多ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーは傷みやすいデリケートな野菜です。福岡県では、鮮度を維持するため出荷前に様々な工夫を行っています。

ブランド

博多ブロッコリー

ブロッコリーは、緑黄色野菜の一種で、「ビタミン」や「ミネラル」「食物繊維」が多く含まれ、生のものにはキャベツの約4倍のビタミンCが含まれます。また、発がん物質の解毒酵素の生成を活性化する「スルフォラファン」や、目の健康を保つ成分として注目されている『ルテイン』といった機能性成分も含んでいます。

保存方法

ブロッコリーは傷みやすい野菜です。すぐに食べないときは新鮮なうちに茹でて、冷蔵または冷凍するのがおすすめです。

美味しい食べ方

ブロッコリーは頭の部分(花蕾)のみを食される方が多いですが、実は茎の部分に栄養と旨みが詰まっています。茎を天ぷらにすると芋のようなホクホクとした触感になり、ブロッコリーが苦手な方にもおすすめの食べ方です。

  • 成分
  • Q&A
  • 可食部 100gあたり

    • 成分名 単位
      廃棄率 50
      エネルギー 33 kcal
      138 kJ
      水分 89 g
      たんぱく質 4.3 g
      脂質 0.5 g
      炭水化物 5.2 g
      灰分 1 g
      無機質 ナトリウム 20 mg
      カリウム 360 mg
      カルシウム 38 mg
      マグネシウム 26 mg
      リン 89 mg
      1 mg
      亜鉛 0.7 mg
      0.08 mg
      マンガン 0.22 mg
    • 成分名 単位
      ビタミン A レチノール 0 mcg
      カロテン 810 mcg
      レチノール当量 130 mcg
      D 0 mg
      E 2.5 mg
      K 160 mg
      B1 0.14 mg
      B2 0.2 mg
      ナイアシン 0.8 mg
      B6 0.27 mg
      B12 0 mcg
      葉酸 210 mcg
      パントテン酸 1.12 mg
      C 120 mg
      食物繊維 水溶性 0.7 g
      不溶性 3.7 g
      総 量 4.4 g

    一般的な「ブロッコリー」の成分表を掲載しています。 【五訂  日本食品標準成分表より】
    ※無断で転載、複製、第三者へ配布することを禁止します。
    ※リンク等禁止します。

  • Q:ブロッコリーのつぶつぶは何ですか?

    「からい」といって花のつぼみが集合したものです。

    Q:どうやって食べると美味しいの?

    サラダで食べるのが一般的に知られていますが、グラタンやチーズ焼きなど、火を使う料理も食感が良くて美味しいです。

    Q:体にいいって聞くけど、どんな風にいいの?

    ビタミンA(カロチン)、ビタミンCが豊富に含まれ、また、少し前から話題になっているスルフォラファンという成分が「ガンに効果がある」といわれています。カロチンは、油で調理すると吸収がよいといわれますが、反対にビタミンCは、熱に弱いので、火を通す時にはさっと手早くお願いします。